2010年05月18日

誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望―消費者庁(時事通信)

 宮崎県で家畜への口蹄(こうてい)疫感染が拡大している問題で、消費者庁は17日、食品業界や流通業界などに対し、販売の際に非感染を売り文句にするなど、消費者に誤解を与える不適切な表示を慎むよう要請した。
 同庁などによると、口蹄疫にかかった家畜の肉や牛乳は市場に出回っておらず、また摂取しても人体に影響はない。しかし問題発生後、量販店やインターネット上で、「宮崎県産は使用していません」「口蹄疫の恐れのない産地の肉です」などの表現で食肉や加工品を販売している例が数例確認されたという。 

H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
官房長官が鹿児島・徳之島関係者と会談(産経新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
志位委員長、小沢氏の証人喚問を要求(産経新聞)
<もんじゅ>排気モニター故障で警報 環境には影響なし(毎日新聞)
posted by スケガワ タカヒロ at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。