2010年02月09日

司法書士、依頼者の金着服=過払い返還金など1000万円−富山(時事通信)

 富山県司法書士会は3日、同会所属の山田陽一司法書士(41)が、消費者金融会社から依頼者への返還金など約1000万円を着服していたと発表した。同会に対し、山田司法書士は「魔が差した」と着服を認め、生活費や遊ぶ金に使ったと話しているという。
 発表によると、山田司法書士は2007年夏、県内在住の依頼者1人から債務整理を受任。消費者金融会社とクレジットカード会社計3社との和解書を改ざんし、返還された過払い利息など計約200万円を着服した。また06年ごろから依頼者9人前後に過払い金はないと偽り、消費者金融会社からの返還金約800万円を着服したという。 

【自民党「苦悩」の現場】公募の成果と誤算 「若返り」か「分裂」か(産経新聞)
車から特殊工具 名古屋 ひき逃げ窃盗にも関与か(産経新聞)
ネットカフェ強盗「再来店」=店員通報、容疑の35歳男逮捕−警視庁(時事通信)
<東京メトロ丸ノ内線>煙目撃で1時間、運転を見合わせ(毎日新聞)
外交機密費、官邸に上納…政府初めて認める(読売新聞)
posted by スケガワ タカヒロ at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。