2010年01月22日

坂本龍馬 妻お龍と初の合同法要…真木よう子さんも出席(毎日新聞)

 幕末の志士・坂本龍馬の妻お龍(りょう)(1841〜1906年)の命日の15日、お龍の墓がある神奈川県横須賀市大津町の信楽(しんぎょう)寺=新原千春住職=に龍馬の魂を分霊した「霊璽(れいじ)」が運ばれ、初の合同法要が営まれた。NHK大河ドラマ「龍馬伝」でお龍を演じる女優、真木よう子さんも法要に出席し、墓前で手を合わせた。

 龍馬の墓がある京都霊山護国神社(京都市東山区)が寺に呼びかけた。夫妻は龍馬暗殺(1867年)後、143年ぶりに再会を果たした形。龍馬の霊璽を持参した同神社の木村隆比古宮司は「龍馬は『お龍、待たせたな』と言っているでしょう」と感慨深げ。真木さんは「この機会に立ち会えたことは光栄です。少しでもお龍さんに近づけるように演じたい」と話した。

 お龍は龍馬の没後、再婚して横須賀に移り住んだことから信楽寺に墓がある。【吉田勝】

【関連ニュース】
坂本龍馬:ゆかりの「平成いろは丸」就航 広島
長崎まちなか龍馬館:ゆかりの品など展示 1月2日開館
今週の本棚・情報:坂本龍馬の“日記”を構成
坂本龍馬:ゆかりの「平成いろは丸」就航 広島・鞆の浦に
毎日現代書関西代表作家展:高杉晋作らの逸品特別陳列−−大阪・近鉄阿倍野店 /京都

市有地神社「違憲」、氏神様など数千件影響も(読売新聞)
天皇陛下がハイチ大統領に電報(時事通信)
<阪神大震災>神戸で追悼式典 皇太子ご夫妻、首相も出席(毎日新聞)
小沢氏側への裏献金 大久保被告自宅を捜索 石川議員は3度目聴取(産経新聞)
屋久島元社長不明 栃木の古井戸に遺体 指紋で身元確認(毎日新聞)
posted by スケガワ タカヒロ at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。