2010年05月29日

<パロマ工業中毒死>元社長ら有罪確定 被害者母「悔しい」(毎日新聞)

 パロマ工業(名古屋市)製湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われた元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(60)は期限の25日までに控訴せず、執行猶予3年が付いた禁固1年6月と同1年が確定した。事故で亡くなった上嶋浩幸さん(当時18歳)=東京都港区=の母幸子(ゆきこ)さん(56)は会見し「(元社長らは)浩幸の墓前で謝罪してほしい」と話した。

 幸子さんは、生前の浩幸さんと一緒に買いに行ったという四つ葉のクローバーのペンダントを身につけて会見。「有罪判決が確定しても、ヒロ君は戻ってこないのが悔しい。(元社長らは)公判でいつも『誠心誠意対応する』と言ってきたが、具体的に何をするつもりなのか。執行猶予の3年がたったら、そのまま忘れてしまうのではないか」と悔しさをにじませた。

 一方、小林元社長らは「裁判所の判断は心外だが、個人的事情により控訴しないことにした」とのコメントを発表した。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
パロマ工業中毒死:元社長ら控訴せず 有罪確定へ
パロマ中毒事故:対象製品所有者らに注意 消費者庁
パロマ中毒事故:元社長らに有罪判決 東京地裁
パロマ中毒死:11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」
パロマ湯沸かし器事故:回収対象の製品、HPで注意喚起−−消費者庁

口蹄疫 赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ (毎日新聞)
150周年のサムライ遣米使節団 ホテルの窓から褌…(産経新聞)
<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
<掘り出しニュース>宇佐神宮大楠にタッチ 「EXILE」の後押しで参拝増加(毎日新聞)
石綿国賠訴訟、控訴断念も=国敗訴判決めぐり閣僚協議(時事通信)
posted by スケガワ タカヒロ at 15:55| Comment(19) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。