2010年03月31日

大阪と京都で3人を刺した石津被告に懲役20年(産経新聞)

 平成20年5月に大阪府枚方市で少年2人を刺し、京都市で逃走資金を奪う目的で女性を刺してバッグを奪ったとして、強盗殺人未遂などの罪に問われた無職、石津淳被告(41)の判決公判が24日、大阪地裁で開かれた。和田真裁判長は「凶悪な犯行を連続して起こした責任は重大」として、懲役20年(求刑懲役30年)を言い渡した。

 弁護側は「責任能力が限定される心神耗弱状態だった」と主張したが、和田裁判長は「善悪を判断して行動する能力は減退していなかった」と述べ、完全責任能力があったと認定した。

 また、弁護側は殺意についても争っていたが、和田裁判長は殺傷能力の高い刃物を使ったことや傷の深さなどから、「殺意はあった」と判断した。

【関連記事】
消費者金融への拳銃強盗事件で2人を起訴
「残虐極まりない犯行」懲役30年を求刑 大阪、京都の3人刺傷裁判
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋
強盗殺人未遂容疑で男逮捕 タクシー料金払えず犯行 大阪
硫化水素で強殺未遂、会社社長に懲役16年 広島地裁
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<リフォーム詐欺>サムニンに2億8000万円の賠償命令(毎日新聞)
寺を全焼、保険金詐欺図る=容疑で元住職再逮捕−埼玉県警(時事通信)
社民・福島氏、同意人事「反対だが署名やむを得ず」(読売新聞)
「冷たい木星」を発見=へび座惑星、欧州の望遠鏡で(時事通信)
ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)
posted by スケガワ タカヒロ at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主・平田参院国対委員長、閣内対立に「あの顔ぶれだから」(産経新聞)

 民主党の平田健二参院国対委員長は26日の記者会見で、郵政改革法案をめぐって亀井静香郵政改革・金融相や仙谷由人国家戦略担当相らが対立していることについて、「あの顔ぶれを見てごらん。普段から一言二言多い人たちばっかりの集まりだから。それぐらいのことはあるだろう」と述べ、事態は早期に収拾されるとの見方を示した。

 平田氏は「あなた方(マスコミ)が閣内不一致だとか不協和音だといっても、彼ら自身はあまり感じてないんだよね」と論評してみせた。

【関連記事】
郵政改革法案、内閣バラバラ 亀井氏「決めた」、仙谷氏「再検討」 
郵政改革素案 金融界の反発激しく 限度額上げ?巨大「官業」に焦り
郵政改革素案 巨大公社化は許されない
亀井郵政改革相「決定プロセスは元に戻さない」
郵政法案骨子で原口総務相「混乱と思わない」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

保育所で1歳児大やけど、高温の湯で体洗う(読売新聞)
ジャニーズ事務所「現場に現れた事実ない」(スポーツ報知)
<児童虐待>厚労省と文科省が指針策定(毎日新聞)
普天間の継続使用も=有事限定を想定−鳩山首相(時事通信)
救急搬送 ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
posted by スケガワ タカヒロ at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。